墨田区の伝統工芸 The EquineTrade Journal

手作りの逸品を求めて

美しき伝統工芸を紡ぐ職人の技に魅入る
江戸小紋・更紗
粋で艶やかな染め物の数々、洋服や革製品も登場した。伝統の技術を守り、後世に伝える墨田区認定の「すみだマイスター」たち。製作に取り組む姿は職人としての誇りに満ち溢れています。熟練の技が生む伝統工芸品はまさに芸術品です。

大松染工場

江戸小紋と江戸更紗という、伝統的な2種類の染め物を手がけているのが大松染工場です。江戸小紋は武士をルーツにもつ染め物で、遠目には無地だが近くで見ると精密な模様が入っているのが特徴です。一方、室町~桃山時代にインドや中国から渡来し、独自の発達を遂げてきた江戸更紗は異国情緒あふれる野草や鳥の模様で知られています。
いずれも白生地の上に模様を彫り抜いた型紙をのせ、上から防染糊を刷りつけて染めていくのですが、模様やズレやツブレを出さないように、作業には熟練の技と細心の注意を必要とします。2種類の染め物に精通する数少ない職人である方にさえ、「同じ人間が同じ型を使って染めた場合でも違いが出ます。毎日が修行です」と言わしめる奥の深い世界なのです。職人の手による江戸小紋と江戸更紗は反物にとどまらず、ブラウスやネクタイ、さらには皮革製品にまで及びます。好みの型紙を選んで染めの注文をすることも可能です。
2代目主人は、江戸小紋職人だった父にならい、染め物の世界へ入ったという。伝統技術を継承する一方で、現代生活にマッチする江戸小紋や江戸更紗を提案しています。

なめらかな手触りと透明感が魅力の飴色の芸術品

鼈甲(べっこう):磯貝鼈甲専門店
月光の原料は、ウミガメの一種であるタイマイの甲羅と腹、そして爪です。最初は焦茶や薄茶色の板にすぎないが、プレス、貼り合わせ、加工などの工程を経て、美しいあめ色の鼈甲製品が完成するのです。今も昔も江戸の鼈甲製品といえば櫛やピンなど身を飾るものが中心で、最近では財布などに付ける小さな飾りものの根付けにも注目が特に集まっています。ワシントン条約によりタイマイの輸入が規制され、業界では原料不足という悩みを抱えていますが、店主は「私たちは希望を持ちながら、黙々と鼈甲を作るだけ。石垣島で養殖をしているし、輸入再開の道が完全に閉ざされているわけでもないのです」と語ります。今後はオブジェなどにもチャレンジしたいと、意欲を燃やしていました。

おすすめサイト

  • 抜け毛が減り、力強い髪の毛が生えてくる育毛剤カークランドの購入方法や、効果について詳しいサイトです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ